守護霊に運命の出会いを応援してもらう

会話のはじめ方

「ちょっとお茶しない?」

 

 

とか昭和な感じのナンパ文句ですが、

 

 

こんな声をかけてしまったが最後。

 

 

会話は無理でしょう。

 

 

ただほんのすこし◯◯をするだけでいいのです。

 

 

そう「ちょっとしたお願い」をするのです。

 

 

例えば、「ペンを貸してもらったり」「道を聞いたり」…

 

 

守護霊,彼女,運命,出会い,応援

よくありがちな声のかけ方ですが、コレでいいのです。

 

 

ただ道を聞いたり、ペンを貸してもらうだけだったら会話は成立しません。

 

 

ここで

 

 

「忙しいところすみません。仕事中でしたか?」

 

 

と聞いてみましょう。

 

 

目標としているのは就活生ですから

 

 

「いいえ、学生です。」

 

 

と返ってくるのは百も承知。

 

 

コレが会話の糸口です。

 

 

返事さえしてもらえれば、もうコチラの手の内に入っています。

 

 

そこからと続けていけばいいのです。